TOP > 製品案内 > 製品・サービス > 測定関連業務
Products/Services 製品・サービス
  • 自動車ボデイー溶接ライン
  • 自動車関連設備
  • 自動車生産(FA)システム
  • 機械加工業務(特殊・精密)
  • 測定関連業務
  • ロボット関連業務
  • ソフトウェア開発業務
  • 電装システム業務
  • 品質玉成
  • PRODUCTS INFO
  • 製品・サービス
  • 業種・適用例
  • テクノロジー・機能

測定関連業務

「測定した製品の比較検証」
「測定用治具の製作」
「設備の据え付け精度の向上」
「動作状況を知る為の動的測定」など、

測定業務のみならずそれに付随する様々な場面でのお客様の御要望に合わせて、より優れた製品とサービス提供をお約束します。

業務内容

精度測定業務(走行レール芯だし等)

  • 各生産ラインの装置の位置を高精度に測定。
    測定作業の他、設備の据え付けや走行軸レールの真直度調整を行います。

製品品質測定(非接触測定)


  • 測定機から放たれるレーザー光による非接触での形状の測定。
    3DCADデータを使用することにより生産品との形状比較がより明確に視覚化
    される事で、品質の向上につながります。

動的測定

  • ロボットやホイスト、走行治具等のように立体的な動作をする対象物に関しても、リアルタイムで測定する事が可能です。
    動的検証により、動作中のたわみや歪み等品質や挙動に影響を与える原因を究明して、問題を解決致します。
    御要望に合わせた形でのデータ処理や書類整理なども行います。

保有測定器

Leica Laser Tracker AT402:1基


  • ポータブル3次元測定器

    レーザーベース距離測定システムと2つの回転角度エンコーダシステムで動作エンコーダを
    使用する事で3次元での測定結果を得ることが可能です。
    通常は球状リフレクター使用による対象物接触測定を行います。
    (一段取りで最大320m、最少0.8mまで測定可能)
    ウォーミングアップにかかる時間が短く立ち上げ後直ぐの測定、及び自身に水準レベルを
    備えている為水準のキャリブレーション待機無しの測定が可能です。
    弊社ではライン設備を並べる際のレベル調整、工程間の直進度等の測定に使用しています。

  • 球状リフレクターでは測定不可であった障害物越しの
    測定も、専用のB-probeを使用することにより測定が
    可能となりました。
    最大20mまで測定領域をカバーします。

    Leica B-Probe特長

    ブロービング範囲 20 m (o)
    精度Uxyz = 全範囲+- 0.2 mm
    再配置範囲 最大320 m (o) 超コンパクト小型設計
    バッテリー標準使用時間 6時間
    Leica Absolute Tracker AT403へ適応

FARO Laser Tracker Vantage:2基


  • ポータブル3次元測定器

    レーザーベース距離測定システムと2つの回転角度エンコーダシステムで動作エンコーダを
    使用する事で3次元での測定結果を得ることが可能です。
    通常は球状リフレクター使用による対象物接触測定を行います。
    (一段取りで最大80mまで測定可能)
    1ポイントの測定で1秒間に1000サンプルデータを取得するので、サンプル数を調整すれば
    動作をさせながらの測定が可能です。
    レベル調整の使用の他、サンプリング性能を活かした加工機の動作軌跡の測定やロボットの
    動作測定に使用しております

FARO ARM Quantum S:1基/Platinum:3基/EDGE:1基


  • FARO ARM Quantum S/Platinum

    6軸構成による多関節ポータブル3次元測定器。
    最大直径3.5m(Quantum S)、3m(Platinum)の範囲を測定可能。
    また最大18umの高精度測定や、Bluetoothによる完全ワイヤレス作業も
    可能です。
    複雑な形状の測定も実現。
    CADモデルと比較することにより、曲面の測定も可能です。

    FARO ARM EDGE

    7軸構成による多関節ポータブル3次元測定器
    最大直径2.7mの範囲を測定可能。
    レーザーラインプローブを取り付けることにより非接触三次元測定が
    可能となります。接触させてしまうと形状が変形してしまうような素材や
    形状測定に使用します。
    弊社ではウレタン素材の加工物やヘムの型、自動車のボディなどの測定に
    使用しております。

FARO TrackArm kit

  • FARO ARMの先端に取り付けることによりLaser Trackerの座標系の共有や、 Laser Trackerだけでは死角になり測定できなかった部分の測定が可能となります。 また基準の座標系をLaser Trackerに持たせることにより複数のFARO ARMで同一の対象物の測定が可能となります。

測定範囲


  • 単品から大型研究施設まで、あらゆる大きさの測定が可能。
    日本国内だけではなく、海外での測定作業も行います。
    【実績】:
    アメリカ、カナダ、メキシコ、インドネシア、インド、中国、タイなど。
お問い合せ
ページトップへ